スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

山頭火の俳句と山本作品

ドイツの出版社 Galerie VEVAISから山頭火の俳句と山本作品のコラボで見せる作品集が今年の11月頃に出ることになり大詰めを迎えています。2年くらい前から取り組んでいた企画でしたがVEVAISのAlexさんは本業(建築家)の傍らの出版業ですので、なかなか進みませんでした。ただ本業ではないからといってホビーの本作りではなく、本格的なしっかりした物を作っていて、本の賞もとられているようです。何しろ実現して嬉しいです。
5月のベルリンでの打ち合わせで、表紙の布貼りをどれにするか選んだり、細かい部分の話し合いをしました。
実際にお会いするのは初めてで、彼の本作りの情熱を知ることができ、有意義な会合でした。
絵柄の部分は最新鋭のインクジェットプリンター、出力紙はインクジェットバライタ紙による出力で、とても鮮明に画像が出ています。
ゼラチンシルバーのオリジナルプリントにとっては脅威となる出来映え。
デジタル、恐るべし!
通常の出版の場合にはアーティストにとってはオリジナルプリントの販売促進のプロモーションとなりありがたいことなのですが、あまりにも印刷が良いと....却って....どうなのか?
と出版されてからの、周囲からの反応が楽しみというか、怖いというか....複雑な心境ではありますが。
また詳細の告知が出ましたらお知らせします。
B-3B-2B-1
 

“Artists’ Recipes”

ADMIR JAHIC & COMENIUS ROETHLISBERGERさんたちの企画で、スイスの出版社からこんな本、出ました。
アーティストが、得意料理のレシピを紹介する、という本です。
山本家は、蕗の薹の天ぷらを紹介しています。
れしぴ
*******
Basel, June 29th 2015
Press release: “Artists’ Recipes”
“Artists’ Recipes” – an art cooking project with recipes and images by more than 80 international artists
Basel, June 29th 2015 – During Art Basel 46, Swiss artist duo Admir Jahic and Comelius Roethlisberger will
be presenting their book project “Artists’ Recipes”. The book has over 80 contemporary artists – including
Marina Abramovic and Anish Kapoor – revealing their favourite recipes. More than just a cookbook, “Artists’
Recipes” makes a direct link between cooking and art: along with the recipes, the book presents drawings,
collages and photographs by the participating artists.
It was their love and passion for cooking, for art and other artists which inspired artist duo Jahic/Roethlisberger
to issue the “Artists’ Recipes” in summer 2015. “We’re proud that we managed to get such renowned
artists involved. This book is a collection of recipes but at the same time it shows a personal, perhaps less
familiar side to the artists,” says Comenius Roethlisberger.
Those artists include Jonathan Monk, Erwin Wurm, Olaf Breuning, Yamamoto Masao, Ryan Gander, Hermann
Nitsch and Anish Kapoor and many more. Over 352 pages, their contributions appear alongside
drawings, collages and photographs. Lovers of culinary and visual arts alike are well catered for: along with
an aphrodisiacal offering from Marina Abramovic, for example, Tobias Rehberger reveals his favourite dish,
“Leipziger Allerlei”. Each recipe is unique and captures something of the artist’s personality.
The publication was presented by Jahic/Roethlisberger at Rirkrit Tiravanija’s installation „Do we dream under
the same sky“ at Art Basel 46. “Artists’ Recipes” was also presented at the art book fair “I Never Read
– Art Book Fair Basel”.
The artists’ originals will be bound into a one-off book which will be put up for bidding in a charity auction
in early November at von Bartha Gallery Basel. And to come full circle, all proceeds from the auction will
benefit a charitable foundation in the field of water and food.
“Artists’ Recipes” is available online www.bolo-publishing.ch and at museumsshops like Fondation Beyeler,
Schaulager and soon at museums around the world.
The book “Artists’ Recipes” is published by BOLO Publishing / Lambrecht, with the text in the artists’ original
languages alongside English translations.
ANISH KAPOOR: Lobster and Pig Stew
YAMAMOTO MASAO: L’essence printaière
JUDITH BERNSTEIN: Banana Slicer / Banana Sandwich
MARINA ABRAMOVIC: “Spirit Cooking” | aphrodisiac recipe
TOILETPAPER: MAURIZIO CATTELAN & PIERPAOLO FERRARI Pasta al Pomodoro
RYAN GANDER: Bloody Mary Cherry Tomatoes
More info here:
www.bolo-publishing.ch
www.jahic-roethlisberger.ch

amanasaltoよりプラチナプリント付き限定版

最新鋭の設備と最高の職人で取り組むプラチナプリント工房amanasaltoで作ってもらうプラチナプリントとRM出版から出る山本昌男作品集をセットにした限定版がでることになりました。
これもParis Photoのamanaブースで発表されます。
gray boxの方は、$1,800で5つのイメージの中から2点のプラチナプリントが選べます。
Brown boxは、5点のイメージ全てと山本が自ら現像したゼラチンシルバープリントまで付いて$4,500で、大変魅力のあるお得なセットになっています。
amana

箱がシンプル且つ上質なデザインで、美しいです。
amana_box

アントワープの出版社からの作品集

先日アントワープより、作品集「WHERE WE MET」の実物が届きました。
結構立派なハードカバーの本で、印刷もとても再現性が良く出ています。
ARPAÏSさんのドローイングと山本作品の響き合いが興味深いです。
単独での作品集とはまた違ったおもしろさがあります。
ほぼ全見開きの片側がドローインングで片側が写真、という構成になっています。


WHERE WE MET

アントワープ(ベルギー)の出版社からの本が出来上がったようです。
未だ日本には届いていなくて、現物は見ていないのですが概要は以下のようになります。


WHERE WE MET-2

A book initiated by Roger Szmulewicz, director of Fifty One Fine Art Photography, Antwerp.
With introductions by:

Claire Gilman, curator Drawing Center, New York
Dan Leers, Beaumont and Nancy Newhall Curatorial Fellow, Department of Photography,
The Museum of Modern Art, New York
Pauline Vermare, Robert Capa Archive, International Center of Photography (ICP), New York
With forewords by Yamamoto Masao and ARPAÏS du bois.

Specifications:

ISBN: 9789020957884
Price: 79,00 EUR

Format: 31 x 23 cm
Product: Book, hardcover
Edition: First edition
Number of pages: 128

Publisher: Lannoo

A special edition of 30 numbered copies (I to XXX) with an original photograph by Yamamoto Masao and a lithograph by ARPAÏS du bois is available for the price of 400 EUR. (incl VAT, excl shipping costs).

For any information or ordering please contact:
FIFTY ONE FINE ART PHOTOGRAPHY
Zirkstraat 20
2000 Antwerp-Belgium
Phone: +32(0)3 289 84 58
Fax: +32(0)3 289 84 59
E-mail: info@gallery51.com
www.gallery51.com

1. Lithography ARPAÏS du bois, S.T., 210 x 150 mm
2. Photography Yamamoto Masao, # 1591, 112 x 170 mm
------------

For Book sales
any information or ordering please contact:

Gunther Spriet
Lannoo Uitgeverij
Kasteelstraat 97
B-8700 Tielt
Belgium
T + 32 (0) 51/42 42 11
F + 32 (0) 51/40 11 52
T direct + (0) 51/42 42 79
www.lannoo.com

Copies ordered                  Discount*
1 - 9 copies                         10%
10 - 19 copies                    15%
20 - 49 copies                    20%
50 - 99 copies                    25%
100 - 249 copies                30%
250 - 499 copies                35%
500 copies +                        40%

*The discount applies to books ordered at the same time. Freight charges apply. Payment would be with a pro forma invoice (bank transfer or cheque).


For special edition sales
any information or ordering please contact:
FIFTY ONE FINE ART PHOTOGRAPHY
Zirkstraat 20
2000 Antwerp-Belgium
Phone: +32(0)3 289 84 58
Fax: +32(0)3 289 84 59
E-mail: info@gallery51.com


21st Editionsからデラックス版がとうとう

5月に出来上がったプリズム版に引き続き、ようやくデラックス版のお知らせとなりました。

21st デラックス-2
21stデラックス-1

本の詳細は 21st Editions のサイトをご覧ください。
作品集本体の他に12点のプラチナプラチナプリントと山本本人の焼きによるゼラチンシルバープリントが3点付いています。
.....ということで価格は$9,000になっています。
本というよりポートフォリオといった感じでしょうか....
紙や装丁に、ここまでこだわった本は、なかなか無いと思います。
印刷技術も素晴らしいので、オリジナルの山本プリントとは違った趣きではありますが、
別の力強さがあります。
山本昌男ファンにはマストハブの一冊でしょう。注文は直接出版社へお願いします。





書肆壺中天からの「川」

お待たせしました!

書肆壺中天からの内田鋼一+山本昌男作品集「川」のサンプルがやっと出来上がりました。
数々の手数がかかった素晴らしい本です。
予約その他詳細については壺中天のサイトをご覧ください。

*特装本 ¥300,000

「川」作品30点の収録となります。
山本昌男のオリジナルゼラチンシルバープリントが1点付いています。

川ー特装本全体

外函になっている内田鋼一さんの陶器は、単独で花入れになります。
内田さんの陶作品に入れてもらった作品集とはなんと幸せなことでしょう。
川ー特装本ー内田陶

*普及版 ¥30,000

川-普及版

印刷も美術印刷では、とても素晴らしいお仕事をいつもしている京都のサンエムカラーさん
関わった人々、皆で力を合わせて良い物を作ろう!ということで一致して昨年から取り組んできましたので、出来上がりには感慨ひとしおです。
ひとつの物をこだわりを持って作り上げることの大変さ、また楽しさを知りました。
日本の出版社からの初めての「山本昌男作品集」とにもかくにも関わった皆様に感謝感謝です。ありがとうございます。

手に入れる価値、大アリの本です。
よろしくお願いします!



ヨーロッパでの出版 "WHERE WE MET"

 山本の取り扱い画廊、アントワープ(ベルギー)のFIFTY ONE FINE ART PHOTOGRAPHY
のオーナーのROGERさんが音頭とりをしてくれて、
山本作品の作品集が出版されることになりました。
出版社はベルギーのLannooというところです。
山本単独の物ではなく、ARPAISさんという画家の方とのコラボレーションです。
彼女が山本作品の中にご自分の作品作りの意識との接点を見いだしてくださった事がこのお話の始まりでした。
見開きページの片側がARPAISさんの作品で片側が山本作品という仕立てになる予定です。
"WHERE WE MET"というタイトルになりますが、思いがけず、共通の価値観(もしかしたら共通だけでなく切磋琢磨する価値観かもしれません)に出会った喜び、この広い世界の中である地点である時に出合えた....それは奇跡である...というような意味合いです。
出版予定日は2011年10月6日です。
また詳しい情報が出てきましたらお知らせします。

作品集情報

 アメリカの21ST EDITIONSから出版の山本昌男作品集がいよいよ世に出る間近になりました。彼らのサイトに本の詳細が出ておりますのでご覧ください。
日本上陸は5月頃となるでしょうか。

21st.Editionsからの出版

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくおつきあいくだされば幸いです。

アメリカの21st.Editionsからの山本昌男作品集の告知が出版社のサイトに載りました。

以下出版者のSteven W Albahariさんからのコメントです。

Publisher's Note:


Sunday, November 7, 2010:


John Wood (my dear friend of twelve years, as well as editor and co-founder of 21ST Editions) and I leave about 8AM for Amtrack in Providence to greet and retrieve Yamamoto Masao, his wife Reiko, and his manager Seiko Uyeda. We've corresponded with Masao and Reiko with the generous help of Seiko translating for us, but this is our first meeting. The three appear at once together and recognize something about us. They are instantly delightful.


On the way back to Cape Cod, Seiko tells us of a story that Masao related on the train from New York to Providence.  For some reason, he met a Master of sorts, a man whose Japanese sword - a Stradivarius of swords, a work of art - meant a great deal to him. He insisted that Masao take it home with him to photograph and then send it back via UPS! Upon his next visit with the Master, and to Masao's surprise, he told him that the sword's energy revealed that Masao had a difficult time photographing it, which he did.


As soon as we crossed the Bourne Bridge, John suggested that we offer the front seat to Masao so he could photograph while we traveled toward Brewster on the old historic Route 6A. He reluctantly agreed and after a short time said that the road was "too beautiful to photograph" and that what he liked revealing in his work were imperfections. By his face I could tell the belief was firmly rooted.


I had in mind to turn down Keveney Lane in Barnstable to show everyone one of my favorite spots where a small bridge crossed an inlet with a strong tide, whether coming in or going out. As I approached the left turn, I saw "Bridge Closed," but I turned anyway. It was a cold day while we passed this hooded young man on the left, walking slow and determined. He turned and nodded as if he expected us. Without having mentioned it first, Masao later confirmed to me this same recognition.


I stopped the car in front of the gravel pile blocking the street and opened my door to find a hollowed on one side and decomposing tree trunk. In the center was a lovely ceramic vase with a partly broken rim at the narrowed top. I thought, imperfection! I looked at Masao and he jumped from the car with his camera like he was greeting an old friend. From the driveway on the other side of the car appeared a man who greeted us. He said that he had just placed the vase in the tree trunk, but at the time wasn't sure why.  Then, without missing a beat, the young man we had passed on the way appeared on foot carrying a Japanese sword and explained he was studying Japanese martial arts and that he had been taking that precise walk for two years.


In these brief and lyrical moments, Masao, Reiko, Seiko, John, and I together were witnesses in unison to our own completely uninterrupted attention. Was this a gift brought by a Master? He would likely not have had intended it, because he was just being Yamamoto Masao.



Steven W Albahari


(翻訳)


ジョン・ウッド(12年来の親友で我21st Editionsの共同設立者であり編集人でもある)と私は、朝8時にケープコッドを出て、ロードアイランドのプロヴィデンスのアムトラック駅に、山本昌男さん、奥さんの玲子さん、マネージャーの勢子さんを迎えに向かった。これまで勢子さんを通じて二人とは通信をしてきたが、実際に顔を合わせるのは始めてだ。3人は駅に降り立つと、すぐに私とジョンに気づいてくれ、私たちも即座に彼らが気に入った。

ケープコッドへの車中、勢子さんがこんな話をしてくれた。今日、ニューヨークからの汽車旅の間、昌男さんが話したことだという。彼が師と仰ぐ男性が日本刀の名品を見せてくれた。バイオリンで言えばストラディバウス・クラスの芸術品だ。そして、昌男さんに持ち帰って撮影しなさいと言った。(撮影し終わったら郵送してくれればいいよと!)それからしばらくして、昌男さんが師を訪ねた時、驚いたことにこう告げられた。きみはこの刀を撮影できませんでしたね。刀のエネルギーがそう語っている、と。

さてケープコッドへの道のり、バーンブリッジを渡ったあたりでジョンが昌男さんに助手席に座るよう提案した。ここから美しい歴史街道ルート6Aをブルースターへ向かって走るのだ。昌男さんはあまり乗り気ではない様子だが、ジョンの提案に従った。しばらくして彼は、「美しすぎて撮影できない」と言い、彼が作品で表現したいのはむしろ、不完全さであると語った。この信念が深く根ざしていることは、彼の真剣な表情からも分かった。

バーンステイブルのケヴェニーレーンに差しかかると、私は普段から気に入っているスポットにみんなを案内した。ここは、強い波が打ち寄せる入り江で小さな橋がかかっている。しかし入り江へ向かって道路を左折ところで「橋閉鎖」の看板が目に入った。それでも私たちは橋に向かった。寒い日だった。私たちの車のそばを、見知らぬ若い男が通った。頭にフードをかぶって、ゆっくり、しかし断固とした様子で歩いている。若い男は私たちの方を見やり、まるでここで会うことを約束していたかのように頷いた。後で分かったことだが、昌男さんもこの男性に気づいていたという。

石が積み上げられて閉鎖された小道の前に車を止め、ドアを開けた。すると、道の傍らに大きな穴の開いた腐った木の幹が見えた。穴の中には淵の欠けたきれいな壺(つぼ)が置いてある。不完全!と私は即座に思った。昌男さんはカメラをつかんで車から飛び降りると、古い友に出会ったように撮影し始めた。傍の家から中年の男性が出てきて、その壺は彼がたった今しがた穴の中に置いたものだと言った。なぜ置いたのか、自分でもわからないと。そのとき、さっきの若い男が近づいてきた。彼の手には木刀が握られていた。彼は武術を学んでいて、もう二年間もこの道を歩き続けるのが日課なのだと言った。

わたしたちは無意識に、こうしたいくつかの小さい叙情的なできごとを共に目撃することができた。それは昌男さんがもたらしたものかもしれない。しかしそれは決して意図的なものではないだろう。なぜなら、彼はいつもの「山本昌男」でいただけなのだから。

スティーブン W アルバハリ




| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM