スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

おすすめ展覧会


森美術館
会田誠展

ミズマアートでの山本の”同僚”画家。
中央道の笹子トンネル事故で一部通れない中、早朝に八ヶ岳を出て東京に向かったので、美術館に入ったのがその日一番乗りでした!ヤッター!(どーでもいいけど)
展示会場で転げ回って笑いたいほど、おもしろい作品が溢れています。見終わった時には身体中がボロボロに疲れていました。
この展示は、展示内容に一部ヤバイ部分があり、大手企業のスポンサーがあまりつかなかったので、勧進という方法で、一般の人からお金を集めて費用捻出をしています。私も早速15,000也を支払いました。会場に勧進に参加した人の名前が掲示されていなのですが、思ったより少なかった!皆さん、勧進して、展示を見に行ってください。
もっとお金があれば50万円支払って「考えない人」の像が欲しかったー
日曜美術館でも会田さん自らが出演して展覧会のアピールをしていました。テレビを見ていた山本が「わかりやすい作品だよなー」と言うと、テレビの中の会田さんが、その一言が聴こえたかのように「僕はわかりやすいだけが取り柄の絵描きです」と絶妙のタイミングで言ったので、我が家のお茶の間が爆笑の渦になりました。
会田さんの溢れ出るその、創作意欲に脱帽します。
エッセイ本も出されていて、カリコリ...という本を読んだのですが、その中の”ボール”に対する想いを綴った詩が名作なので、こちらも是非ともお買い求めください。

三菱一号館美術館
シャルダン展

その後の印象派に影響を与えたロココ派の画家。
日本では写実絵画が流行っていて、ホキ美術館も観に行きましたが.....森本草介さん磯江さんなど素晴らしいものもあるのですが、それ以外は、絵にもなっていない....代物が多かったのにはがっかりしました。
現代画家が、シャルダンのような空気感を持つ絵を描けたら、きっと誰もが注目するのでは...と思いました。実は、セオリー通りの当たり前の画面作りをしているのですが、当たり前がなかなかできない。シャルダンの技巧というのは並外れているのでしょう。
ルーブルにたくさん収蔵されているそうですが、たぶん日本でこれだけまとまって見ることができるのは滅多にないでしょう。巡回無し、なのでびっくり。

新宿ニコンサロン
BRIAN SATO

展示が今日までなのですが、BRIANについてはまたお知らせします。
ハワイの日系2世のポートレイトが素晴らしいです。
昨年から日本で少しづつ展示されていますが、もっと紹介されるべき作品群です。
作品集としてまとまると良いと思っています。

スポンサーサイト

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • 10:36
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/02/14 8:02 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM