スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

企業による作品の買い上げ

欧米ではそれなりの企業は美術コレクションを持っているところが多いようです。美術のみならず文化全般に何らかの支援をする体勢を持っています。
その関係で、山本作品も、個人や美術館などが購入してくれる以外に、企業が買ってくれることがあります。

*2011年にエルメス・ファンデーションが23点の購入をしてくれました。そのコレクションから 14点がお里帰りして、今年9月に名古屋三越に新しくできたエルメス店舗にインテリアとして展示されることになりました。フランス側から山本本人に作品の並びを指示して欲しいとの要請がありました。ただ、フランス側で好きに選んだ14点が日本に来たので、それを美しくレイアウトしてください、と言われても....ベストにはならないとわかっていながらの作業で苦しいものでしたが...日本で露出させてもらえる、というだけで感謝しなければならないのかもしれません。
エルメス

*今年になって、スイスのSwiss Reという再保険会社が、チューリッヒの山本作品取り扱い画廊のsemina rerumを通じて「浄」シリーズを12点購入してくれました。この会社の日本支社が大手町にあるのですが、そこに設置して欲しいという要望。
もう一人のアーティストDunja Eversさんの作品9点もスイスから届き、それらの事務所内設置作業を任されました。画廊スペースではなく、会社の事務所にレイアウトして設置するという作業は初めてだったので、うまく良い感じに展示できるかどうか...それも自分の作品だけでなく他の人の作品とのコラボで美しく見せなければならないというプレッシャーが相当にありました。
ただ、額代などを購入会社が費用面をしっかりとみてくれたので、山本としてもお金の事を気にせずに、良い額装ができたので、素晴らしい機会を与えられた、とこれまた感謝しております。与えられた中でのベストは尽くせたと思います。
スイス本社の社長さんが、山本作品をとても気に入ってくださっているとのこと。
有名でもなんでもない山本作品を購入してくださったことに驚きとともに、こうして無名のうちに作品を購入してくれる応援者の方々の為にも作品の価値を下げてはならない...と身の引き締まる思いもあります。

コルビジェのソファと良く合っています。
会社-1会社-3会社-2会社-5会社-6

「浄」シリーズをどういった額装で見せたら良いのかを随分あれやこれや試しましたが、今回はとてもうまくハマッたように思います。
フレームマンさんで特注にて作ってもらいました。
浄、額装

スポンサーサイト

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • 13:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM