スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

21st.Editionsからの出版

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくおつきあいくだされば幸いです。

アメリカの21st.Editionsからの山本昌男作品集の告知が出版社のサイトに載りました。

以下出版者のSteven W Albahariさんからのコメントです。

Publisher's Note:


Sunday, November 7, 2010:


John Wood (my dear friend of twelve years, as well as editor and co-founder of 21ST Editions) and I leave about 8AM for Amtrack in Providence to greet and retrieve Yamamoto Masao, his wife Reiko, and his manager Seiko Uyeda. We've corresponded with Masao and Reiko with the generous help of Seiko translating for us, but this is our first meeting. The three appear at once together and recognize something about us. They are instantly delightful.


On the way back to Cape Cod, Seiko tells us of a story that Masao related on the train from New York to Providence.  For some reason, he met a Master of sorts, a man whose Japanese sword - a Stradivarius of swords, a work of art - meant a great deal to him. He insisted that Masao take it home with him to photograph and then send it back via UPS! Upon his next visit with the Master, and to Masao's surprise, he told him that the sword's energy revealed that Masao had a difficult time photographing it, which he did.


As soon as we crossed the Bourne Bridge, John suggested that we offer the front seat to Masao so he could photograph while we traveled toward Brewster on the old historic Route 6A. He reluctantly agreed and after a short time said that the road was "too beautiful to photograph" and that what he liked revealing in his work were imperfections. By his face I could tell the belief was firmly rooted.


I had in mind to turn down Keveney Lane in Barnstable to show everyone one of my favorite spots where a small bridge crossed an inlet with a strong tide, whether coming in or going out. As I approached the left turn, I saw "Bridge Closed," but I turned anyway. It was a cold day while we passed this hooded young man on the left, walking slow and determined. He turned and nodded as if he expected us. Without having mentioned it first, Masao later confirmed to me this same recognition.


I stopped the car in front of the gravel pile blocking the street and opened my door to find a hollowed on one side and decomposing tree trunk. In the center was a lovely ceramic vase with a partly broken rim at the narrowed top. I thought, imperfection! I looked at Masao and he jumped from the car with his camera like he was greeting an old friend. From the driveway on the other side of the car appeared a man who greeted us. He said that he had just placed the vase in the tree trunk, but at the time wasn't sure why.  Then, without missing a beat, the young man we had passed on the way appeared on foot carrying a Japanese sword and explained he was studying Japanese martial arts and that he had been taking that precise walk for two years.


In these brief and lyrical moments, Masao, Reiko, Seiko, John, and I together were witnesses in unison to our own completely uninterrupted attention. Was this a gift brought by a Master? He would likely not have had intended it, because he was just being Yamamoto Masao.



Steven W Albahari


(翻訳)


ジョン・ウッド(12年来の親友で我21st Editionsの共同設立者であり編集人でもある)と私は、朝8時にケープコッドを出て、ロードアイランドのプロヴィデンスのアムトラック駅に、山本昌男さん、奥さんの玲子さん、マネージャーの勢子さんを迎えに向かった。これまで勢子さんを通じて二人とは通信をしてきたが、実際に顔を合わせるのは始めてだ。3人は駅に降り立つと、すぐに私とジョンに気づいてくれ、私たちも即座に彼らが気に入った。

ケープコッドへの車中、勢子さんがこんな話をしてくれた。今日、ニューヨークからの汽車旅の間、昌男さんが話したことだという。彼が師と仰ぐ男性が日本刀の名品を見せてくれた。バイオリンで言えばストラディバウス・クラスの芸術品だ。そして、昌男さんに持ち帰って撮影しなさいと言った。(撮影し終わったら郵送してくれればいいよと!)それからしばらくして、昌男さんが師を訪ねた時、驚いたことにこう告げられた。きみはこの刀を撮影できませんでしたね。刀のエネルギーがそう語っている、と。

さてケープコッドへの道のり、バーンブリッジを渡ったあたりでジョンが昌男さんに助手席に座るよう提案した。ここから美しい歴史街道ルート6Aをブルースターへ向かって走るのだ。昌男さんはあまり乗り気ではない様子だが、ジョンの提案に従った。しばらくして彼は、「美しすぎて撮影できない」と言い、彼が作品で表現したいのはむしろ、不完全さであると語った。この信念が深く根ざしていることは、彼の真剣な表情からも分かった。

バーンステイブルのケヴェニーレーンに差しかかると、私は普段から気に入っているスポットにみんなを案内した。ここは、強い波が打ち寄せる入り江で小さな橋がかかっている。しかし入り江へ向かって道路を左折ところで「橋閉鎖」の看板が目に入った。それでも私たちは橋に向かった。寒い日だった。私たちの車のそばを、見知らぬ若い男が通った。頭にフードをかぶって、ゆっくり、しかし断固とした様子で歩いている。若い男は私たちの方を見やり、まるでここで会うことを約束していたかのように頷いた。後で分かったことだが、昌男さんもこの男性に気づいていたという。

石が積み上げられて閉鎖された小道の前に車を止め、ドアを開けた。すると、道の傍らに大きな穴の開いた腐った木の幹が見えた。穴の中には淵の欠けたきれいな壺(つぼ)が置いてある。不完全!と私は即座に思った。昌男さんはカメラをつかんで車から飛び降りると、古い友に出会ったように撮影し始めた。傍の家から中年の男性が出てきて、その壺は彼がたった今しがた穴の中に置いたものだと言った。なぜ置いたのか、自分でもわからないと。そのとき、さっきの若い男が近づいてきた。彼の手には木刀が握られていた。彼は武術を学んでいて、もう二年間もこの道を歩き続けるのが日課なのだと言った。

わたしたちは無意識に、こうしたいくつかの小さい叙情的なできごとを共に目撃することができた。それは昌男さんがもたらしたものかもしれない。しかしそれは決して意図的なものではないだろう。なぜなら、彼はいつもの「山本昌男」でいただけなのだから。

スティーブン W アルバハリ




スポンサーサイト

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • 16:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM