スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

坂東玉三郎

10月に日比谷の日生劇場で開催された玉三郎の舞踊公演を見に行って来ました。
「傾城」「藤娘」「楊貴妃」の3本立てでした。
テレビではなく生の玉三郎の踊りを見るのは初めてでした。ずっと見てみたかったのですがなかなか重い腰があがらずに....やっと実現しました。
一言でいえば、完璧でした。これこそが完璧という言葉にふさわしいものであると思いました。同じ息を吸っている人間とは思えない美しい動きの連続....地唄舞というジャンルなのか...激しい動きは殆どなく(藤娘などは衣装代わりなどで楽しませるというエンターティメントの要素が少々ありましたが)内容も、ほんの数時間、もしくは数分の間の出来事を舞いで表現するという物。それも、主人公のほんの微細な心の動きを表現するということだから、あまりにも抽象的で、それを人に見せて感動させる舞台に仕上げるというのは、超難易度が高いとしか言いようがありません。
あと感動したのが、舞が終わった後のお辞儀の素晴らしさです。
普通、舞台が終わった後のカーテンコールのご挨拶は、演者は、もう舞台の役からは離れて現実の自分に戻っていて、「今日の私どうだった〜〜?」的なお疲れさまでしたーの雰囲気です。
(それがダメと思うわけではありません)
しかし、玉三郎の場合には、その役のまま....その舞台の雰囲気のままです。
そして、そのお辞儀が10種類ぐらいあり、その動きがまたまた美しく....
最初から最後の最後のカーテンコールまで、美しさが持続します。
「今日の私どうだった〜」というものはまったくなく、「皆様、私の舞を見に来てくださりありがとうございます」という感謝の言葉が身体から滲み出ていました。
声で発する言葉ではなく、身体の動きでここまで言いたい事を現せるなんて!
わざわざ東京まで出向いて観賞した甲斐がありました。
玉三郎さんありがとうございました。
美のオーラに接する事ができた幸せなひとときでした。

スポンサーサイト

  • 2016.12.24 Saturday
  • -
  • 11:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/12/09 6:36 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM